美人デリヘル嬢を個人的なギャラリー仕様にしてみる

今まで出会ってきたデリヘル嬢で美人だなと思う子たちを完全に個人趣味で選んでいった結果こうなった

*

キャバレベルの美人なデリヘル嬢が目につく

キャバレベルの美人なデリヘル嬢が目につく夜の蝶として、華やかなキャバクラで常にナンバーをキープしていたような美人さんがデリヘル嬢にもいたりします。雑誌にもモデルとして載っているような子がデリヘルという職業を選んでしまうのはなぜでしょう。

『キャバの仕事だけでは返しきれなくなった借金があり、身売りするようになった』なんていう、ドラマの見過ぎですか?と突っ込まれるようなシチュエーションで落ちていくことはあまりなくなったようです。

残念ながら、そんな蜜の味がするような不幸な子は確かに全くいないわけではありませんが、そう多くもいません(笑)

実際のところは「落ちた」わけではなく、昔と違って気軽なアルバイトとして自ら選んでいるということが多いようです。

同じ風俗業としては一緒ですが、風俗店だけは一線を置いていた彼女たちが「お水」から「風俗」になっていったことには似たような悩みを持つ子たちがいました。

キャバクラ経験者はデリヘルで確実に稼げる

キャバクラ経験者はデリヘルで確実に稼げるデリヘルで働く女性でもキャバクラ経験者は高確率で稼げる女性になるといわれているのには理由があります。

キャバクラは営業開始前に指名客に携帯電話でメールをしたり電話をしたりしてお店にお客を来させる努力をします、時にはアフターとして仕事前にデートをしてそのまま同伴でお店に出勤してくる場合もよくある話ですよね、そういった意味でも本指名の顧客がどれだけ収益に関して重要なのかをしっかり理解しているのです。

キャバクラ経験者がデリヘル嬢として働く時、アフターはしませんがメールで連絡先を交換するなどお客様への気遣いや接客を心得ているだけに、本指名客を多く確保しているので確実に稼げるのです。

これが一般的な素人女性ならば、プレイとしては普通にこなしているので、お店にお客様が少ないから稼げないとか、自分から顧客確保としては動かない女性がほとんどとなるので、結果としてキャバクラ経験者には絶対的に本指名のお客様では勝てないのです。

元々キャバ嬢でナンバーにランクインしているような女の子たちは、ただ単にルックスがいいだけでは務まらないというのはどこの業界も一緒のようです。

彼女たちは出勤時間だけではなく並々ならぬ努力の賜物がありました。

キャバで稼げる女性ともなれば指名はもちろん同伴の人数も多い。では普通の営業で勝とれるかといったら、それは無理です。

仕事以外の時間、たとえその日にお客が来店しない日であってもまめにメールやLINEで連絡をとったり、時として女の子から営業をかけることなんていうのも多いですからね。

仕事以外のプライベートな時間でも、好きでもない客のご機嫌を取らなければいけないだけに、前向きな努力が収益に繋がるという事を熟知していると言ってよいですね。

キャバ嬢とデリヘル嬢ではお客様の目的が大きく違うので、キャバと違ってアフターはありませんが、細かい気遣いや頻繁な連絡という部分ではお客様への配慮の違いからキャバクラ経験者はデリヘルで働くと高確率で人気嬢として稼げるのは間違いないという事です。

風俗業界でデリヘルだけは美人が在籍する理由

風俗業界でデリヘルだけは美人が在籍する理由可愛い女性なんて風俗には絶対いないというのは昔の話で、今はデリヘルだけは驚く程の美人と出会えるというのは本当なんです。

簡単に言えばデリヘルで働く女性は素人女性のアルバイトであり、ソープランドや箱ヘルなどで働く女性はプロの風俗嬢という違いがあるからです。

こういう分類ができると言えるのも理由があり、まずソープランドや箱ヘルで遊びたいと思えば、男性利用客は繁華街のお店へ足を運びますよね、そしてプレイをする場所がそこにあるので、部屋数が決まっているという事になり、店舗型風俗の経営者は部屋数に応じた女性を常に確保する為に完全シフト制としていますし、遅刻や欠勤などは罰金制度もちゃんとあります。

対してデリヘルは無店舗型なのでお客様の自宅やラブホテルなどでのプレイになりますので、部屋数などを気にしなくて良いのです。

これによりデリヘルの経営は女性がどんなに多く出勤しても問題がなく売り上げ向上に繋がるために、素人女性を中心に集めて、月に一度の出勤希望であっても、それが短時間であっても女性の要望に併せる事ができ、遅刻や欠勤でも罰金などのリスクも一切ないという事です。

少しでも素人女性を多く集めたいという関係から、素人女性が働き易い環境や条件で集める事ができるし、送迎スタッフや燃料費、そして移動時間のロスもデリヘルの案内料金にのせる関係上で、デリヘル嬢としても1人接客した場合の収益単価が高くなるのです。

つまり、同じ仕事内容である店舗型の箱ヘルで1人接客しても安価ですが、次のお客様が案内されるまでの時間ロスがない事から回転率が高いので、多数の男性を接客して高額を得なければならないのに対して、デリヘルは移動時間のロスもあるので、1人接客しただけでも収益単価が高いので少ない接客で多くの利益を得れるという事になります。

どんなに美人であってもお金の苦労をしてしまえば、内緒でバイトをするという事からデリヘルは短期間在籍であっても問題ないので、高収益な小遣い稼ぎができて、本番行為もなければこれくらいいいやって感覚となってくるのです。

多数の素人女性が集まれば当然その中には普通に可愛い美人さんがいて当たり前ですよね、但し美人を見つけて楽しんだ男性は、また逢いたいと予約するので、お客様の多い夜の時間帯には既に美人は予約で埋まっているという状況ですので、飲んだ勢いでデリヘルに問合せをしても美人にはなかなか出会えないというだけの話かもしれません。

キャバよりデリヘルのが気楽だし稼げるという女性

キャバよりデリヘルのが気楽だし稼げるという女性ご存知の通りキャバクラは大きなお店で多数の美人がいますが、開店前は携帯電話を片手にお客様を必死になって呼びこもうと誘いのメールや電話をして、営業開始時間になればお客様を確保しようとライバル関係の女性が目に付き、女性同士でグループなどを作り険悪なムードという場合もあります、店舗なので営業は12時までとなりますが、お店が終っても居酒屋などに飲みに入ったり、お客様との駆け引きが多く気疲れするだけでなく、稼ぐ為にも毎日大量のお酒を飲むことでドリンク代金を稼ぐなど大変な仕事内容となり、帰宅は深夜、起きたら昼過ぎという生活パターンになりますよね。

デリヘル嬢としてバイトをする女性は、未経験であっても3回も出勤したら仕事になれてしまうものです。

気が向いた空いた時間にだけお客様にメールをする程度の営業努力で十分だし、働く時間も昼間でも夜でも構いませんし、年中無休で好きな日程の好きな時間だけで構いません。

アフターなどの面倒もなければ、接客時の気遣いができる会話や仕草ができれば十分であり、稼げる金額も人気嬢になれば1日だけでキャバクラの数日分が稼げてしまうという事です。

ライバル関係で女性同士で険悪なムードもなく、時間的にも自由に自分の都合で決められるだけに、デリヘルのが気楽で稼げると割り切っている素人女性が多くいるという事ですね。

そしてある意味でキャバクラで知り合ったお客様などにデリヘルで働いていると伝えれば、確実に頻繁に通う常連客になるのも間違いありません、割り切る気持ちさえあれば月収で100万円以上もさほど高いハードルではないという事かもしれませんね。

デリヘル嬢にハマってしまう男性客

デリヘル嬢にハマってしまう男性客どんなに美人であっても愛想がなく会話も続かなければ男性からは興味を持たれません、逆に男性の気持ちや考えを熟知しているキャバクラ経験者ならば、どういった会話の反応をすれば男性が喜ぶのかを知っているだけに、手のひらで転がす様に男性の心を射止める事ができます。

これは素の性格で接している訳ではなく、興味のない話をされても興味があるフリをして男性客と同じ趣味や考え方に同調することで気に入られるので、女性としても自分にあったキャラになりきった役者さんになる事ができるという事です。

店舗型のソープランドや箱ヘルでは女性は容姿が良くて性欲が満たされれば満足となりますが、デリヘルはプレイ時間の中でも会話が多い為に、容姿と性欲だけではなく会話で虜にしてしまう事ができるとも言えるのです。

一時的な性欲処理という風俗ではなく、会話が多いデリヘルだからこそ本気で惚れてしまったという男性客も多いですし、頻繁にお気に入りの女性に通う男性客も数多くいるというだけに、キャバクラ経験者がデリヘル嬢として働くと簡単に男性の気持ちを転がしてしまうのではないでしょうか。

会話が上手な女性というのは、ひたすらおしゃべりが好きな女性よりも、男性の会話に同調して意気投合するなどして、会話が盛り上がり男性客が前向きに話させるテクニックが重要と言われています。

デリヘルには素人女性が多数働いている事から、ある意味で男性からするとピンキリとなりますが、魅力的なデリヘル嬢に出会うならばしっかり下調べをして好みの女性を見つけてから早めの予約をする方なら、きっとお気に入りのデリヘル嬢を見つける事ができると思いますよ。

公開日:
最終更新日:2017/04/10